クロスミーはサクラだらけ?業者が多い?真相を探ってみた

クロスミーの評判を見ているとサクラだらけ!というものが散見されて、不安に感じている人も多いのではないでしょうか?

クロスミーの評判では、サクラと業者を混同してしまっているものが多く見受けられます。

リスクを正しく避けるためには、サクラと業者の違いを理解し、特徴と見極める方法を覚えることが必要です。

本記事では、クロスミーにサクラや業者がいるのかについての検証、そして種類と特徴、見極める方法をご紹介していきます。

クロスミーで安全に安心して恋活をしていきたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

クロスミーはサクラが多い?業者は?まずは結論!

クロスミーの口コミの中には、サクラが多い!というものをみることがあります。

これが本当に正しいのか、実態についてまず結論を見ていきましょう。

サクラはいない

結論を申し上げると、クロスミーにサクラはいません。

サクラとは「運営企業が雇ったサービスを盛り上げるための人員」のことです。

平成初期に流行した出会い系サービスは、従量課金制であったため、サクラを雇って一般利用者にどんどん課金させるという手法が行われておりました。

クロスミーは月額課金制であり、なおかつ運営会社が大手IT企業であるサイバーエージェントグループです。

累計会員数も100万人を突破しており、サクラを雇うことにはメリットが一つもなく、膨大なリスクだけがあります。

公式でサクラゼロ宣言がされているように、クロスミーにはサクラは一切いないと考えられます。

業者はいる

ただし、他の恋活マッチングアプリと同じように、クロスミーの中にも業者は潜んでいます。

業者は、「サービスの本来の目的とは外れた、自分の利益のためにサービスを悪用とする人」のことです。

例えば高額商品の販売ネットワークビジネスなどへの勧誘が、業者行為に該当します。

業者はどの恋活アプリでも禁止行為とされており、発覚すると強制退会となり、二度とそのアプリを利用できなくなります。

しかし、新規会員が業者であるかどうかは、問題行動を起こすまでは分からないため、新しい流入を完全にゼロにすることはできません。そのため、クロスミーを利用するときも、業者には警戒することが必要になります。

サクラではないけど危険!クロスミーに潜む業者の種類

クロスミーは業者の数がまだ多いとされており、主に下記の三種類のタイプの業者が潜んでいるとされています。

  • 商用目的
  • 勧誘目的
  • なりすまし

特に商用目的と勧誘目的の業者が多くいるとされています。

クロスミーには「すれ違い」や「今日デート」など、近くにいてすぐに会える相手を探すのに便利な機能がありますが、相手が業者であるリスクもありますので、警戒しながら利用することが大切です。

商用目的

商用目的の業者は、デートをしている中で高額な絵画の購入をおねだりしたり、豪華海外旅行の契約を依頼してきたりするなど、高額商品の購入を目的とした人です。

恋活目的ではなく、高額商品の購入契約が取れたときの金銭バックを目的としているため、非常に厄介な相手になります。

直接的に何かしらの理由をつけて金銭を要求してくる場合もありますが、いずれの場合においても、クロスミーで出会った相手に高額な金銭が動くような要求をされた時には、業者だと判断してすぐに関係を終了するようにしましょう。

勧誘目的

勧誘目的の業者は、ネットワークビジネスや、怪しい組織への勧誘を目的とする人のことです。

可愛い女性からグイグイアプローチされた時などは舞い上がってしまいがちですが、頭の片隅に冷静な部分を残しておき、勧誘目的ではないかと注意することが大切です。

勧誘目的の業者は、初回カフェデートを提案して、その場で勧誘するというのが基本シナリオです。

マッチング直後、すぐにデートのお誘いを相手からしてきた場合には、警戒をしながらデートに行くようにしましょう。

なりすまし

クロスミーでは、インターネットなどから美男美女の写真をダウンロードして、なりすましで利用している人もいます。

なりすましの利用者はマッチングしてメッセージ交換を続けていっても、決してデートに行くことはできません。

これだけであれば、時間を無駄にしてしまったというだけですが、警戒しなければならないのは、他サイトへ誘導しようとしてきた時です。

なりすましは、個人情報取得目的の業者である場合があり、個人情報を盗むことのできる偽サイトに誘導し、そこであなたが入力した情報を悪用しようとしている場合があります。

氏名や住所、電話番号、クレジットカード、口座番号などの重要情報を入力してしまうと、個人情報を思わぬ悲惨な形で悪用されてしまう場合があるので、十分に注意するようにしましょう。

業者対策は自衛が必要!クロスミーに潜む業者の特徴と見分け方

クロスミーでは、業者の新規流入を完全に防ぐことができないため、自分で業者の特徴を理解して、相手が業者であると見極められるようにしておくことが大切になります。

クロスミーに潜んでいる業者には、次のような特徴があります。

  • サブ写真を登録していない
  • ルックスレベルが異常に高い
  • どんどん言い寄ってくる
  • 自己紹介文の印象が軽い
  • 自己紹介文にご縁・副業関連のキーワードが書かれている
  • プロフィール項目の未登録が多い
  • マッチング直後にデート・LINE交換の提案
  • 返信が即レス
  • 別サイトでやりとりをしようと提案
  • 職業が「投資家」などハイスペック

上記の特徴に多く該当する相手は、業者である可能性が高いと考え、注意するようにしましょう。

また、年々業者側の手口も巧妙となっており、相手がいざ行動を起こすときまで、相手が業者であると判断できない場合も多くなっています。

そのため、下記の業者の特徴のいずれにも該当しないからといって、完全に相手を信頼してしまうのではなく、心のどこかで冷静に相手を警戒する部分を残しておくようにしましょう。

サブ写真を登録していない

業者は、メイン写真のみを登録して、サブ写真を登録しないことが多くあります。

メイン写真は異性からマッチングしてもらえる魅力的なものを用意しますが、サブ写真は効果が低いため、サボろうとする傾向があります。

サブ写真を登録している人も、風景写真や料理の写真など、メイン写真と比較して手を抜いている写真を登録している人が多いので、サブ写真に手抜き感がある人は、警戒するようにしましょう。

ルックスレベルが異常に高い

クロスミーにいる業者は、20代であることが多いこともあり、魅力的なルックスの人が多くいます。

可愛い、またはイケメンが全員業者であるという訳ではありませんが、なんでこんな人がマッチングアプリを利用しているの?と感じる場合には、業者の可能性もあると頭に入れておいた方が良いでしょう。

どんどん言い寄ってくる

特にルックスレベルの高い相手から、いいねが送られてきて、マッチングした後どんどんアプローチされる場合には、業者である確率がかなり高くなります。

ルックスレベルの高い相手は、待っていてもどんどんいいねが送られてくるので、自分から積極的にいいねを送り、積極的にメッセージを送って行く人は少ないです。

特に、他の恋活アプリを利用してモテ経験が少ない人が、クロスミーを利用して一気にモテモテになる場合には、相手が業者である確率が高いので気をつけましょう。

自己紹介文の印象が軽い

クロスミーにいる業者は、恋活目的で利用をしていないため、自己紹介文から軽い印象を受けることが多いです。

遊び半分だと明らかに分かるような内容ではありませんが、真面目に恋活に取り組んでいる人の自己紹介文と比較してみてみると、軽薄さを感じる内容になっています。

真剣に恋人探しはしていないんだろうなと感じる自己紹介文が登録されている場合には、業者であることを疑うようにしてください。

自己紹介文にご縁・副業関連のキーワードが書かれている

ネットワークビジネスへの勧誘目的の業者は、自己紹介文の中に、ご縁や副業関連のキーワードを入れていることが多いです。

このワードが入っている人は、真面目に恋活をしている人ではない可能性が高いので、避けたほうが良いでしょう。

プロフィール項目の未登録が多い

業者は効率的に利用することを重視しており、必要のない項目は登録しない傾向があります。

クロスミーはプロフィール項目をあまり登録していなくてもマッチングしやすいという特徴があるため、業者はプロフィール項目をあまり登録しないです。

真面目に恋活で利用している人は、検索結果に少しでもヒットするように、ほぼ全てのプロフィール項目を埋めている人がほとんどです。

マッチング直後にデート・LINE交換の提案

業者以外にもヤリモクや既婚者なども近いものがありますが、マッチング直後すぐにデートの提案をしてくる相手は、業者である可能性があります。

メッセージ交換は途中で返信が返ってこなくなることも多いため、時間をかけても成果に繋がらないことが多いです。

それであれば、断られる確率が高くても、マッチング直後にデートの提案をしたほうが効率的であるため、業者はマッチングしてすぐに会うことを提案してきます。

返信が即レス

クロスミーにいる業者は、返信がとにかく早く、デートの約束をするまで即レスで話が進んでいくことが多いです。

相手からのアプローチが強く、返信も早い場合には、少し冷静に考え、業者である可能性も考慮に入れながら対応していくようにしましょう。

別サイトでやりとりをしようと提案

クロスミーの個人情報取得目的の業者は、自分が所有する偽の別サイトへ誘導しようとしてきます。

そのため、メッセージ交換をしている中で、様々な理由をつけて別サイトでのメッセージ交換を提案された場合には、業者であると判断してすぐにブロックしてしまうことをおすすめします。

クロスミーのメッセージ機能で別サイトのURLを張って誘導しようとすると、運営にバレて強制退会となるため、LINE交換をしてから誘導しようとしてくることが多いので注意してください。

職業が「投資家」などハイスペック

クロスミーの男性会員の業者は、ハイスペックを偽っていることが多いです。

特に職業を投資家にしている人がなぜか多いので、この職業に該当する人には警戒するようにしましょう。

クロスミーで業者を見つけた時の通報・対応手順

クロスミーで業者を見つけた時には、通報をして強制退会にしてもらうことが必要になります。

相手を通報すると運営側で事実確認の調査が実際されます。事実であると判断されると、強制退会などの対応をしてもらうことができます。

証拠がなくても報告しておけば、複数の人から同様の報告があったときに信頼に足る情報だとされ、強制退会などの対処をしてもらえますので、業者を見つけたときはすぐに通報するようにしましょう。

運営に違反報告する

クロスミーにおける運営への違反報告の手順は下記の通りです。

  • 通報する相手のプロフィールページに移動
  • 右上の「…」をタップ
  • 「違反報告」をタップ
  • 違反内容を選択する
  • 違反理由の詳細を記載
  • 「送信する」をタップ

違反報告をしても、その後どうなったかは教えてもらうことができません。相手が「退会済み」と表示された場合には、強制退会となったと考えると良いでしょう。

ブロックする

また、相手を通報した後は、ブロックをしてしまい、二度と関わりを持たないようにすることも大切です。

業者と連絡を取っても何一つメリットがありません。下記の手順でブロックができますので、違反報告をしたらブロックしてしまいましょう。

  • 通報する相手のプロフィールページに移動
  • 右上の「…」をタップ
  • 「ブロック」をタップ

クロスミーは本当に安全なマッチングアプリ?

サクラはいなけれど業者はいると聞くと、クロスミーは本当に安全なマッチングアプリなのか、心配になってしまいますよね。

最後に、クロスミーの安全性についてみていきましょう。

サイバーエージェントグループ企業が運営

クロスミーの運営企業はサイバーエージェントのグループ企業です。上場している大手IT企業のグループ企業が運営しているため、内部体制も充実しております。

システム面の監査や、個人情報保護の認証を「TRUSTe」から受けているなど、マッチングアプリの中でも安全性は極めて高いということができます。

24時間365日の監視・サポート体制を提供

また、24時間365日の監視・サポート体制を提供しているため、問題行動を起こした利用者がいれば、すぐに検知して対応することができます。

違反報告をしても迅速な対応をしてもらうことができるので安心です。

困ったことがあった時は、クロスミーに問い合わせをしてみましょう。

クロスミーのサクラ・業者まとめ

本記事では、クロスミーにサクラや業者がいるのかについての検証、業者の特徴と見分け方、業者と遭遇した場合の通報手順、ブロック手順をご紹介してきました。

クロスミーにはサクラはいませんが、業者は潜んでいるので注意して利用することが大切です。

本記事でご紹介してきた内容を踏まえて、業者の特徴を理解し、見極められるようにしていきましょう。マッチングアプリ全般における業者やサクラの特徴を知りたい方は、人気マッチングアプリを徹底解剖した記事もご参照ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です