クロスミーのすれ違いとは?適切な使い方・設定方法

クロスマン
クロスマン
クロスミーのすれ違い機能ってナニー?
生活の中で本当にすれ違った相手を教えてくれる機能のことよ。すれ違いの回数が多い相手は生活圏が近い可能性が高いから、デートなど会いやすい相手であることが多いの。
あずさ
あずさ

クロスミーは、スマートフォンの位置情報を活用して、その日近くを通り過ぎた相手を教えてくれます。

すれ違い機能を活用していくことで、日常の移動が恋のきっかけになります。

クロスミーについてもっと知りたい方は、クロスミーの評判・口コミからわかる特徴を参考にしてください。

クロスミーのすれ違い機能とは?

クロスミーのすれ違い機能は、スマホのGPSを使って、生活の中ですれ違っていた相手を教えてくれる機能です。

生活圏の近い相手を探すことができるため、デートしやすい場所にいる相手や、共通点のある相手を探したい時に活用することができます。

GPSを使って近くにいた相手を教えてくれる機能

すれ違い機能はスマートフォンのGPSを活用しておりますので、利用するためには位置情報の利用を許可することが必要になります。

位置情報を渡すことに不安を感じるかもしれませんが、クロスミーの運営会社は大手上場企業であるサイバーエージェントの子会社ですので情報管理の面でも安心です。

対象距離は半径1km程度の円周

すれ違いが発生する対象距離は、およそ半径1km程度の円周範囲だとされています。

つまり、一日の中で1km以内にいた相手を表示してくれるということになります。

すれ違い機能といっても、数十m先の相手に限定されている訳ではないので、街中で実際に見かけた人に突然声をかけられることもなく安心です。

クロスミーのすれ違い機能の適切な使い方

ここからは、クロスミーのすれ違い機能の適切な使い方について見ていきましょう。

すれ違い機能はとても楽しいものですが、自宅や職場などの近くですれ違いを発生させてしまうのはリスクもありますので、適切に活用することが必要になります。

毎日すれ違いが発生した相手を確認する

まず、基本的な使い方としては、毎日一日の終わりにクロスミーのアプリを開いて、すれ違いが発生した相手を確認するようにしましょう。

すれ違いはその日にすれ違った相手を表示させており、すれ違った場所や累積回数などを教えてくれます。

すれ違った相手の中で好みのタイプの異性がいれば、いいねを送ってマッチングしていくようにしましょう。

プライベートに近い場所ですれ違いを発生させない

また、クロスミーのすれ違い機能を利用する場合には、自宅や職場の近くですれ違いを発生させないことも大切です。

位置情報は間違った使い方をすれば、身元特定などされてしまい、ストーカーを生んでしまう原因にもなりますので注意が必要です。

すれ違い機能はワンタップで発生させないように設定することができます。

  • クロスミーのアプリを開く
  • 下部メニュー右「マイページ」をタップ
  • 「すれ違い設定」をタップ
  • 「すれ違いを発生させない」をタップ

すれ違いを発生させたくない場合には、こちらの機能で中止しましょう。

すれ違いをオフにする時間を設定

また、すれ違いは時間を指定してオフにすることもできます。

仕事をしている時にすれ違いを発生させたくない場合には、勤務中の時間帯を指定して、すれ違い機能をオフにしておきましょう。

すれ違いをオフにするエリアを設定

自宅や職場近くのエリアを指定して、すれ違い機能をオフにすることも可能です。

特定エリアをオフにしておけば、その付近ですれ違いが発生することがなくなるので安心です。

自宅や職場、最寄駅などを指定しておくと良いでしょう。

まとめ

すれ違い機能はクロスミーの最大の特徴であり、一日の終わりに楽しみをもたらしてくれる素晴らしい機能です。

適切な設定をすることによって、自宅や職場付近でのすれ違いを発生させずに利用することができます。

クロスミーのすれ違い機能を活用して、すれ違いを恋のきっかけにしていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です