クロスミーの既婚者の見抜き方5選

クロスマン
クロスマン
クロスミーって既婚者でも利用できるの?
利用規約では禁止されているけど、独身証明書の提出義務などはないから、利用自体はできてしまうのが現状ね。恋活でクロスミーなどマッチングアプリを利用する時には、既婚者の存在には注意することが必要よ
あずさ
あずさ

本記事では、クロスミーに潜む既婚者の見抜き方をご紹介していきます。

クロスミーの既婚者の見抜き方

クロスミーは恋活アプリではありますが、中には既婚者が利用している場合もあります。

既婚者に関わるとろくなことがないので、クロスミーを利用する時には絶対に既婚者と会わない、判明した場合にはすぐに関係を終了させることが大切になります。

平日夜や土日に会えない

既婚者は、平日夜遅くや土日は家族と一緒に過ごすため、この時間帯にデートをすることができません。

特に土日に全くデートができない相手は、既婚者である可能性が高いので注意しましょう。

誕生日・クリスマスなど記念日に会えない

誕生日やクリスマスなどの記念日は、家族と一緒に過ごすことがほとんどです。

そのため、恋人同士であれば普通一緒に過ごすようなイベントの時でも、相手が既婚者である場合は必ず予定が入っており、本番の日に会うことはできません。

間取りが広くて郊外在住

勤務地が都会にも関わらず、住んでいる家が郊外で間取りが広い場合には、既に子供がいる既婚者である可能性があります。

家の中の写真などを見せてもらって、単身者が住むような家に住んでいるかチェックするのも一つの方法です。

電話を嫌がる

クロスミーにいる既婚者は、とにかく電話を嫌がる傾向にあります。

電話は浮気がバレてしまう大きな原因の一つです。特にLINEの電話は既婚者側で名前の変更などをすることができませんので、あなたの名前を同性の名前に変更することもできません。

夜に電話してこないでくれ、と何らかの理由で言われた場合には、相手が既婚者である可能性を疑うようにしましょう。

通知オフ

既婚者はクロスミーやLINEなどの連絡で浮気がバレないように、通知をオフにしていることが多いです。

そのため、一緒にデートをしているときにメッセージやLINEをしてみたりして、通知が出るかを確認してみるのも良いでしょう。

まとめ

クロスミーには既婚者がいる可能性がありますので、利用する時には十分に注意することが必要です。

業者などはデートをしても実質的な被害に遭わないようにすることもできますが、既婚者は会ってしまうだけでトラブルに巻き込まれることがあるので注意しましょう。既婚者のいないマッチングアプリを利用したい方は、独身証明機能のあるマッチングアプリを利用するのがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です